コラム
シャープさん
2018年11月21日
シャープさんさんの:第8回シャープさんの寸評恐れ入ります0

第8回シャープさんの寸評恐れ入ります

いいね!  104
   13820      4

おつかれさま、 @SHARP_JP です。ご多分に漏れず、私も会社で働いていると疲れる。それもうんざりするほど疲れる時があります。その疲労はもちろん、人間関係とか職場環境といった、「それな」としか言いようのない要因もあるのですが、私の場合、「意味に疲れてしまう」ということがままある。


企画書を書けば冒頭は必ず、それをやる意味を説く。上司に報告をしようものなら、とった行動の意味まで説明を要す。微に入り細にわたる職場のルールは、揃いも揃って意味を圧迫してくる。挙げ句の果てには私の場合、ツイートの意味を、よくわからないない人(ほとんどはネットすらやってない)に説明させられたりもする。「君、このツイートのどこがどうおもしろいのか述べよ」というような形で。企業の活動も、そこで働く人間の行動も、なんでも意味だ。意味がなければ存在が許されない、そういう世界。


だけどですよ。声を大にするつもりはないけど、人間の行動って、いつもそんなに意味ある?意味なんかないけど、楽しいことってあったりしない?ていうか、あらかじめ意味が説明できないと行動できないとか、ちょっとしんどくない?


あらゆる行動やアイデアには、一対一で意味が付随するわけでもないし、当の本人でさえ、意味があとから知覚されることだってある。行動やアイデアの意味なんて、決してシンプルにひとつなはずもなく、自覚できる意味、まだ自覚できない意味、自分の内側でなく、むしろ周囲から課せられる意味だって、ほんとうはたくさんあるはずだ。行動の前に意味のプレゼンを要する世界は、まるで入力の前に出力を求められるようで、私はゆっくり窒息するような気持ちになる時がある。


たぶんそういう時が、芸術の出番なんじゃないか。意味など軽々と飛び越えて、なおかつ意味を語らずして、目の前にいる人間と相対する芸術は、私に憧れのような痛快さと、静かな安堵をもたらしてくれる。うんざりするほど疲れると芸術を欲するのは、きっとそういう理由なんだと思う。


一芸(小山コータロー 著)



想い(やじま けんじ 著)



今回はちょっと変化球な寸評になりそうです。上記の2作を読んだ方は同意してもらえると思いますが、作品そのものがまず変化球。球が曲がるとかそういう以前に、球が変化してる。へんげ球。へんげマンガ。


そして次に、私は言いたい。「この作品について、意味を語る必要ある?」


作者の小山コータローさんは、違和感コメディクリエイターと自称されるだけあって、それはもう「意味の彼岸」としか言いようのない作品がたくさん(図形家族シリーズとか読んでみて)そしてこれはかんぜんに私の憶測ですが、作者の小山さんだって、ほとんどの作品において、描く前に意味を把握していないだろうし、描いた後もその意味を語る術を持っていないのでは。10年後くらいに突然語れるかもしれないけど。


なおかつ今回は、別の作家であるやじまさんが、同じキャラを使って応答し、意味の彼岸をさらに遠くへ打ち返しているわけです。ここでは「ラリー」というコルクBooks特有の仕組みが、まったく知らない言語で繰り出されるラップのフリースタイルのように、意味をはるか遠くへ放り投げ、ただ感覚的な快楽とともに私の眼前に現れる。それを読む私は、おふたりと同じスピード感と快感を追認するように、ニヤニヤが止まらなくなる。そして同時に、ほっとする。私にとって、意味から解放されるこの体験が、癒しという行為なのだ。意味に疲れたら、意味を放り投げた作品を浴びるにかぎる。おすすめです。

いいね!  104
   13820      4
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
サポート頂けたら、創作活動の励みになります。
サポート頂いたお金は、皆さんにより良い作品をお届くけするために次の作品に活かします。
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
この作品は連載に含まれています。
2件の編集コメント
2018年11月22日
この二作品を選んで頂けるとは、シャープさんはコルクBooksにはまって頂いてますね!!

2018年11月22日

フフフ
シャープさん 作者   いいね 3  

2018年11月22日

意味深…
2018年11月22日
感覚言語、素晴らしい!
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

前後のラリー (全292件)

  この瞬間 2018年11月09日
  ねこマスター :客商売 2018年11月08日
  第8回シャープさんの寸評恐れ入ります 2018年11月21日
  想い。 2018年11月07日
  一芸 2018年11月06日