コラム
コルクBooks公式さんの:今は、地方にいてもマンガの腕は磨ける!リモート漫画家が目指す新境地とは?【マンガQ掲載漫画家インタビュー・渡部大羊編】0

今は、地方にいてもマンガの腕は磨ける!リモート漫画家が目指す新境地とは?【マンガQ掲載漫画家インタビュー・渡部大羊編】

いいね!  3 超いいね!  1 面白い  1
   112      1

いよいよ2月17日に創刊となる共感系漫画雑誌『マンガQ』。それを記念し、創刊号に掲載されているSNS時代の新進気鋭の漫画家6名にインタビューを実施しました!


今回のインタビュー相手は、マンガ『彼岸の配達人』の作者・渡部大羊さんです。


「コルクBooksと出会い、漫画の表現媒体の奥ゆかしさを知りました。自分ひとりでは何年かかったかわからない境地に、やっと一歩脚を踏み入れることができた気がします」


福岡のコンビニでアルバイトをしながら、プロ漫画家を目指し、コルクBooksにマンガを投稿し続けて約半年間。渡部さんは、自身の成長をこう語ります。


そんな渡部さんがコルクBooksに出会ったきっかけは、コルク代表の佐渡島庸平さん。


「プロの漫画家になるために、この人であれば自分にきちんとした意見を言ってもらえるのではないか」と意を決し、佐渡島さんへマンガの持ち込みをしたところ、コルクBooksで自分を磨くことを薦められました。


出版社が密集する東京ではなく、福岡という場所にいながらも、オンライン上で様々な漫画家や編集者からアドバイスを受け、自分の成長の集大成として描き上げたのが、マンガQに掲載した『彼岸の配達人』です。


渡部さんが『彼岸の配達人』に込めた想いとは、何か?

そして、コルクBooksの何が渡部さんの成長を促したのか?


リモートワークならぬ、リモート漫画家として腕を磨く渡部大羊さん。SNS時代において、世に熱狂を起こそうとしている漫画家たちの声をお聞きください!


・・・


大人のように振る舞わざるを得なかった子供たちの本音とは?


ーー 今日はよろしくお願いします。『彼岸の配達人』、読ませてもらいました!


渡部さん:ありがとうございます!


ーー この世とあの世のはざまという不気味な世界で、幼い子供たちが過酷な使命にどう立ち向かうのかという物語ですが、渡部さんが『彼岸の配達人』に込めた想いをお聞かせいただけますか?




渡部さん:大前提として、自分の中にある萌えを追求して、マンガで表現してみたかったんです。そして、私が一番描きたい萌えが、「大人な子供」でした。


ーー 大人な子供。まさに今作の主人公のカツキのことですかね?


渡部さん:その通りです。大人って、何か明確な目的を持っていて、その目的のためなら、自分の余計な感情を全て排して目の前のタスクを遂行する人のことだと私は思ったんですね。そして、そういう風になった人間って、何歳でも大人びて見えるのではないかと思うんです。


ーー 確かに、主人公のカツキはある目的のために、それ以外の全ては切り捨てる覚悟で配達人としての任務にあたっていて、そういう意味では大人びた子供ですね。


渡部さん:そうなんです。でも、どんなに大人びていても実際は子供だから、大人のように振る舞わざるを得なかった子供たちの本音を私なりに描いてみたかったんですよね。


ーー なるほど。ちなみに、「大人な子供」というテーマで描きたいと思ったキッカケは何なんですか?


渡部さん:私が『電脳コイル』や『約束のネバーランド』といった作品がすごく好きで、その中では子供達が、大人顔負けのバトルややり取りを繰り広げているんですよ。そういうものに単純に憧れていたということもありますし、自分でも挑戦してみたかったというのが大きいですね。



他人からのフィードバックをもらい、ブラッシュアップし続ける!


ーー 今回、『彼岸の配達人』を描くに当たって、渡部さんが一番苦労されたことって、何でしょうか?


渡部さん:う〜ん、32ページという枠におさめるということですかね…(笑)。これまでの私って、自分で好きなようにマンガを描いていたんです。だから、作品の中にあれこれ要素を詰めてしまって、100ページくらいのマンガになることが多かったんですよ。


ーー それはそれで、すごい気が(笑)


渡部さん:でも、今回初めて32ページという枠の中に作品をまとめるという時に、どこをどう削るべきなのかの判断がすごく難しくて。「ここで情緒を生み出したいのに、空白をいれられない…!」みたいな感じで、結構悩みました。


ーー そこは、どうやって乗り越えたんですか?


渡部さん:マンガQ編集長の萬田さんをはじめ、漫画家の三田先生や東京ネームタンクの方々など様々な方からアドバイスをいただきながら、なんとか形にしていった感じです。ダメ出しを沢山いただきましたね(笑)


ーー そうなんですね(笑)。今回、渡部さんにとって、編集担当が入ったマンガ制作というのは初めてと聞きました。色々な人から意見をもらいながらマンガを描きあげてみた感想は、いかがですか?


渡部さん:正直、大変だなぁ…という思いはありました(笑)。アドバイスを受け入れつつも、自分なりに作品への思いもあるので、そのせめぎ合いの連続でした。


ーー なるほど。


渡部さん:でも、私は今後プロの漫画家としてやっていきたいんです。そして、プロというのは、人を楽しませられる力を持った人間のことだと思っています。そういうエンターテイナーになるためには、他者の目を入れてブラッシュアップしていかない限り、たどり着けないと思うんですよね。


ーー 確かに、その通りかもしれません。


渡部さん:コルクBooksに参加してから、自分が新たな境地に踏み入れていく感覚が何度もあって、それは私の作品に対して色々な編集者は漫画家の方から意見をもらえたからなんですよね。コルクBooksに出会い、他者の意見を聞くことの大切さを学びました。



コルクBooksに出会い、マンガの概念が大きく変わった。


ーー 現在、渡部さんは、コルクBooksにマンガを投稿し始めて、どれくらい経つんですか?


渡部さん:約半年くらいですね。


ーー そもそもコルクBooksにマンガを掲載し始めるキッカケは、何だったんでしょうか?


渡部さん:佐渡島さんですね。佐渡島さんの記事を読んだりして、「この人だったら、私のマンガに対して、ちゃんと意見をくれそうだなぁ」と思ったんです。そこで、意を決して、マンガを持ち込みました。そこで、佐渡島さんからコルクBooksでの投稿を薦められたんです。ここに投稿して、色々な人からフィードバックをもらいながら、マンガの練習をしていくといいよと。


ーー 実際に、投稿し始めてみて、いかがでした?


渡部さんまずは、コルクBooksの企画力のスゴさに驚きました!いろんな企業とのコラボレーション企画があって、毎週毎週いろんなお題が掲載される。「これ、どうやって繋いできたの!?」って、感じです(笑)。運営側の努力がすごい…。


ーー 確かに(笑)。毎週、お祭りやっているみたいなところ、ありますもんね。


渡部さん:そうなんです。そして、お題があるから、私もマンガを投稿しやすいんですよね。何を描くのかに悩まなくていいから、スピードを持って制作ができるんです。数をこなせる。そして、フィードバックも返ってくるから、自分が成長できるんですよね。


ーー 渡部さんの中で、特に成長を感じる部分って、どこらへんですか?


渡部さん:色々あるんですが、一番はマンガの概念が大きく変わったことですかね。


ーー マンガの概念ですか!?


渡部さん:はい。私はエンターテイメントとしての漫画が好きで、漫画をすごく摂取してきたんです。だから、自分もマンガを描くのであれば、何かすごいことをしないいけない。すごい物語をつくらないといけないと思っていました。


ーー 「マンガ=壮大なもの」というイメージだったんですね。


渡部さん:そうなんです。ですが、マンガって伝えるための表現手段の一つでしかないのだから、まずは読者にわかりやすく伝えるということが大事なんだということに気づくことができました。そこが出来ていないと、どんなにすごい構想を練ったとしても意味がないんです。伝わってナンボなんです。そこを意識してから、この半年間で、私のマンガ表現のわかりやすさというのは、かなり上がったんじゃないかと思います。


ーー そうなんですね!ちなみに、読者に伝わっているかどうかは、どう判断しているんでしょうか?


渡部さん:コルクBooksで作品を見てくださっている漫画家さんからの反応ですね。いつも「いいね」を押してくださる方々がいるんですけど、本当に上手くいった時にだけ「いいね」をくれる方もいて、そういう人たちから評価があると、「上手くいったんだなぁ」と思いますし、自分も手応えを感じます。



嘘の話でも、おもしろ可笑しく楽しませる、本物のエンターテイナーになりたい!


ーー 今回、コルクBooksが発行するマンガQで雑誌掲載も果たしましたが、これから漫画家として目指していきたい姿って、ありますか?


渡部さん:明確な目指す像みたいなものはないんですけど、嘘の上手い漫画家になりたいと思っています。嘘をついてでも人を楽しませられるのが本当のエンターテイナーだと思うんです。私は嘘をつくのが上手くなって、私の嘘で読者を包み込んで、現実から少しの間でも守ってあげられるような、そんな表現者になりたいというイメージが最近出てきました。

ーー 嘘の上手い漫画家。素晴らしいですね!今回の『彼岸の配達人』は「大人な子供」というテーマでしたが、これから描いていきたいテーマは、ありますか?


渡部さん:そうですね。アクションとか描きたいと思ってます。人を動かすのが、今回面白かったので。あとは、悲しい話はもう描きたくない。普通に最初から最後まで楽しく読めるものを描いていきたいです。


ーー 『彼岸の配達人』は、最初から悲しい印象だったので、意外です。


渡部さん:『彼岸の配達人』の設定は、少し前に考えた設定で、昔の鬱々としていた私がベースになっているんです。なので、そこから抜け出したい(笑)


ーー なるほど(笑)最後に、コルクBooksやマンガQで、これからマンガを描いてみたいという方にメッセージをお願いできますか?


渡部さん:先ほども言いましたが、私はコルクBooks出会ってから、漫画という表現媒体の奥ゆかしさを知りました。自分ひとりでは何年かかったかわからない境地に、やっと一歩脚を踏み入れることができました。もちろんこれからも極める余地は広がり続けるのだと思います。ですがマンガQは、近道のひとつです。終わりなく続くマンガ表現の世界を、限られた時間のなかでどれだけ自分のものにできるかというところで、きっと大きな助けになってくれると思います。この場をどう利用するかはあなた次第。楽しんで、頑張っていきましょうね。私も頑張ります!


ーー ありがとうございます!これからの作品も期待しています!


・・・


以上、『マンガQ』に掲載されているマンガ『彼岸の配達人』の作者・渡部大羊さんへのインタビューをお届けしました。


福岡という離れた場所にいながら、様々な編者者や漫画家からのアドバイスを受け成長し続けるリモート漫画家の渡部さん。嘘の上手い漫画家として、これからどのような作品を届けてくれるのか、楽しみです!


渡部大羊さんのコルクBooksアカウントはこちら。そして、Twitterアカウントはこちらです。


是非、マンガQを手に取り、マンガ『彼岸の配達人』を読んでいただきたいです!そして、渡部大羊さんの、これからの活躍に注目ください!



聞き手&執筆・井手桂司


いいね!  3 超いいね!  1 面白い  1
   112      1
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
サポート頂けたら、創作活動の励みになります。
サポート頂いたお金は、皆さんにより良い作品をお届くけするために次の作品に活かします。
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
1件の編集コメント
02月07日
渡部さんの絵のテイストも、世界観も好きです〜!
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

前後のラリー (全40件)

  約半年以上連続で4コマ漫画を投稿中!毎日続けることこそが、圧倒的成長の鍵だ!【マンガQ掲載漫画家インタビュー・小山コータロー編】 02月05日
  イラストレーターがマンガもできたら鬼に金棒?二刀流を目指し、イタリアで修行中!【マンガQ掲載漫画家インタビュー・ワダシノブ編】 02月05日
  今は、地方にいてもマンガの腕は磨ける!リモート漫画家が目指す新境地とは?【マンガQ掲載漫画家インタビュー・渡部大羊編】 02月05日
  プロ漫画家への道は一つじゃない!働きながらだって、マンガは描けるんです【マンガQ掲載漫画家インタビュー・小柳かおり編】 01月30日
  SNS時代の大物漫画家が誕生する瞬間を僕らは見届けたい!【マンガQ創刊記念・特別対談 (萬田編集長 × シャープさん × たらればさん) 】 01月30日