コラム

漫画は「感情を描く」ものだけど、感情的になったらもったいない時がある話。

いいね!  5 超いいね!  10
   51      0

編集さんにネームを見せて
「カタルシスがないね~」
と、よく若い頃言われてました。

「カタルシス」は感情の解放とか、快楽とか
要はストーリー漫画の一番盛り上がる部分に持ってくるのだけど

先日つぶやいた「役者型」
感情や気持ちから漫画を描く人は気をつけたほうがよくて

自分の感情を思いっきり出せる
「カタルシス」に最高の表情や言葉、絵を一生懸命考えるのだけど、

「ないね~」なんて言われたら感情的に意地になって描きたいとこだけど

この「カタルシス」の場面をより良いものにしなきゃと
思い過ぎると、そのためだけに都合よく話を描いてしまいがちで


「カタルシス」だけに意識がいってしまうと
「キャラを立てる」ことを忘れがちになってしまうことがあります

「カタルシス」を引き立てるためには
それまでに読者にどれだけ「キャラクター」感情移入してもらうか勝負で

できないと「カタルシス」も
「あーそうなるよね」で終わっちゃう

もったいないよね・・・

なので、「カタルシスがないね~」と言われて
「すんごいカタルシス場面を考えてやる!!」
と思う前に
もう一度「キャラクター」が気に入ってもらえるか考えようねという話。

自分が「役者型」だから自戒を込めて。

いいね!  5 超いいね!  10
   51      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。
1・2・3・ダーーー!ってね♡
サポートする
サポートするにはログインが必要です。
0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは