最新順
コルクBooks公式のお題:忘れられない一杯のコーヒー #3CoffeeaDay #ネスカフェ
お題

#忘れられない一杯のコーヒー #3CoffeeaDay #ネスカフェ

コラボ企画
9日前更新 コルクBooks公式

3 Coffee a Day=Good Life 日々をいきいきと過ごしている人は1 日3 杯以上のコーヒー習慣を持ってい...

   6992        134        1567
コラム
いいね!  51 超いいね!  22 面白い  3 わかる  1 大好き!!  1
   5583      0

コーヒーは日に3,4杯は飲む @SHARP_JP です。朝起きたら飲むし、出社したら飲む。遅い昼食を済ませたら飲みたくなるし、仕事が佳境を迎えても飲みたくなる。おそらく私は、そうとうコーヒー好きだ。


いい歳した大人がこういう話をすると、たいてい「おれはコーヒーにうるさい人間だぞ」という香りを周囲にふりまきがちですが、私にはそういう意図はない。かといって自分が「味の分別がわかる大人であること」をあえて拒絶するような、露悪的な気持ちもない。なぜなら私がいちばん好きなコーヒーは、セブンイレブンのマシンで淹れるコーヒーだからだ。2番目に好きなのはマクドナルドの。


だからむしろ、豆の種類や淹れ方、焙煎の具合からお気に入りのコーヒーショップまで、なにひとつ語ることができない私は、コーヒー好きを名乗る資格がないように思えて、いつも口ごもってしまう。だけどきょうはおそるおそる言います。セブンイレブンのコーヒー、おいしくない?私、セブンイレブンのコーヒーを3000杯(計算してみた)は飲んできたけど、いつもいつの日も「ちょうどいい」と思ってしまう。


もちろんその「ちょうどいい」は、モノの価格の高低を言いたいわけでもないし、グルメに対する価値の高低を言いたいわけでもない。私にとってのコーヒーのちょうどよさは、自分に慣れた味がいつも同じように手に入る、ということなのだ。私がなにかを好きになるには、そういう日常の「ちょうどよさ」を感じられるかどうかが、大きなウェイトを占めるのでしょう。


なんだか所帯じみた話になってしまった。



僕らのコーヒー(にしもとのりあき 著)



ここでもコーヒーが描かれています。むしろコーヒーが主役。Mr.coffeeという25年も活動を続けるバンド(ミスチルがモデルでしょうか、それともMR.BIGでしょうか)のファンふたりが、文字通りコーヒーを媒介に仲良くなり、コーヒーをきっかけに再会を喜ぶ。


若い人にはピンとこないかもしれませんが、ネットやスマホが普及する前、人気のチケットを確保するには鬼のように電話するか、実店舗でひたすら並ぶしか選択肢がなかったのです。そんな時代、徹夜覚悟の待機でたまたま隣り合ったふたりは、あたたかいコーヒーをきっかけに、同好の士であることが判明する。


このふたりにとって、コーヒーとは何だろうか。コーヒーを飲むたびに、あるいはコーヒーという文字列を見るたびに、好きなアーティストとお互いの存在が思い浮かぶ。コーヒーとのつきあいは長く、20年が過ぎた。ゆったりなのかあっという間なのか、流れたコーヒーとの時間はふたりの半生とも言えそうで、だからこそ懐古でもなく、これから迎える時間さえ、コーヒーと友人の姿をありありと想像できる。


このふたりにとって、コーヒーの「ちょうどいい」は時間の流れなのかもしれない。味も光景も、思い出も人格さえも、いつでも思い出し、想像することができる。コーヒーを介せば、過去も未来も地続きの時間として、早送りも巻戻しもできる。コーヒーはふたりの時間を伸び縮みさせる、四次元の飲み物なのだ。そんな「ちょうどいい」を、私もこれからいくつ持てるだろう。


とここまで書いて、この作品がネスカフェさんによるお題企画であることに気づきました。冒頭からセブンイレブンのコーヒーを推してしまい、申し訳ない。あわててサイトを読む。


https://nestle.jp/brand/nescafe/nescafe3bai/


1日3杯のコーヒー習慣がいい人生をつくる「3 Coffee a Day」という考え方には共感します。(コーヒーが苦手じゃなければ)みなさんも、それぞれにちょうどいいコーヒーと、おつきあいしていきましょう。


いいね!  51 超いいね!  22 面白い  3 わかる  1 大好き!!  1
   5583      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

コラム
いいね!  3 超いいね!  1
   111      0

3 Coffee a Day = Good Life


日々をいきいきと過ごしている人は、1日3 杯以上のコーヒーを飲む習慣を持っているという調査結果があります。


毎日なにげなく飲んでいるコーヒー、その積み重ねがいい人生につながっていく。それがネスカフェが「3 Coffee a Day=1日3杯のコーヒー習慣がいい人生をつくる」に込めている想いです。


その 3 Coffee a Day キャンペーンとの連動企画をコルクBooksで行いました。


ネスカフェのユーザーの皆さんから集まった「#忘れられない一杯のコーヒー」をテーマとした5つのエピソードを、マンガにアレンジして投稿するという企画です。


※お題となった5つのエピソードの詳細はコチラ


今回の連動企画には、なんと過去最高の投稿数が集まりました!!


コーヒーが気持ちのスイッチになっていたり、誰かとのつながりになる。そんな人生のふとした瞬間にコーヒーがそばにあることが印象的に描かれている作品ばかり。


今回、その中から選ばれた入賞作品と受賞者の声を紹介します。


***


\ エピソード1 /

《大賞》「メガネがくもるのはコーヒーのせい」
(ワダシノブ 著)


(ネスカフェさんからの寸評)

作品を製作いただきありがとうございます。お母さんの大変さの表現、普段夫が言えないことをコーヒーが後押してくるからこそ言える、そっとサポートしている世界観がすごく自然に見ている方に入ってくる作品に仕上げていただいていると思います。メガネがくもった場面もホロっときて、ページ数が少ない中でもジーンとくる後味があり素敵です。


ちなみにですが、カフェインを気にされる方は、ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスもあります! 安心しておいしく召し上がっていただけますので、是非!


(ワダシノブさんからのコメント)


大賞受賞とても嬉しいです。 この5つのエピソードのような小さくとも温かい繋がりが、いつでも人を温めてくれる。そんな気持ちです。


今回、5つのエピソードをマンガ化にするにあたって、「どれが自分にとって一番リアルに感じることができるだろう?」と悩んだ結果、選んだのが一番最初の子育てのエピソードでした。


家族という一番近くにいる他人。お互いに悪意はないのにどうしてもすれ違ってしまう思い。言葉だけではうまく伝わらない気持ちを、暖かいコーヒーが繋げてくれたらいいなという思いを込めて描きました。


「気持ちが動く瞬間」が、読み手に伝わる漫画を目指して、これからも頑張ります。



\ エピソード2 /

「愛すべきバリスタたち」(二宮ユウキ@にのかん 著) 


(ネスカフェさんからの寸評)


作品を製作いただきありがとうございます。もともとのお題が、エッセーのような情緒的な文章でした。表現が難しかった中で、まず題名で淹れる方を「愛すべきバリスタ」と例えていらっしゃる部分が素晴らしいと思います。毎日飲むコーヒーの味が変わる人生の瞬間、その一瞬にも関わらず、なんだかホッとするシーンとして描いていただいており、そこも秀逸です!


最後のページでは気が付けば我が子もお兄ちゃんになる自覚が出ているんだと、子どもの成長、また兄弟愛を感じつつ、今後の人生に彩りを加えてくれるものとしてコーヒーが出てくることが3 Coffee a Dayの世界観に通ずるものがあると思い選出させていただきました。


(二宮ユウキ@にのかんさんからのコメント)


この度は拙作に大層な賞を頂き大変恐縮です。賞を頂くことは出来たのですが、正直なところ、ほかの作品を見て、本当に悔しい思いや嫉妬の気持ちを抱きました。


試合には奇跡的に勝ったものの、勝負には負けた思いです。次、コンペに参加する時は試合にも勝負にも勝ちたいです。今後ともどうぞ宜しくお願いします。


\ エピソード3 /

「人をつなぐ一杯」(みなもと小定 著)

 


(ネスカフェさんからの寸評)


作品を製作いただきありがとうございます。20年という長い時間を経て、コーヒーが人と人との思い出をつないでくれるものとして登場する作品です。昔免許取得の際に、奥さんが淹れてくれたコーヒーは今は飲めない、でもその想いをおやっさんが引き継いで、1杯のコーヒーに込めて届ける描写が、泣けてきます。。


普段離れていても、コーヒーがあればなぜか身近に感じられる、そんなチカラがコーヒーにはあるとしみじみ感じました。


(みなもと小定さんからのコメント)


この度は入賞させていただき、まことにありがとうございました!

また、投票してくださった方にも心から感謝いたします!ありがとうございました!


ふと昔住んでいた町の美容院に立ち寄って、店長が自分を覚えていてくれて歓迎してくれた時のような、ほっと懐かしく優しい気持ちになる瞬間をコーヒーにのせられたらなと思って執筆しました。(そのお店にもハーレーがありました。)

時間が経ちそれぞれの環境が変わっても、そっと気持ちをつないでくれるコーヒーの力が描けていればとても嬉しいです。



\ エピソード4 /

「僕らのコーヒー」(にしもとのりあき 著)



(ネスカフェさんからの寸評)


作品を製作いただきありがとうございます。こちらもエピソード3と同じく20年という時をコーヒーがつないでくれるものとして登場する作品です。3 Coffee a Dayでもコーヒーが人とのコミュニケーションのきっかけになることをうたってますが、まさにコーヒーでなければ、というエピソードに仕上げていただいていると思います。


20年前の回想と、現在、そしてこれからもというそれぞれの時間軸をそれぞれ丁寧に描いていただき、そのそばでコーヒーがそっと支えてくれている表現にまとめていただいている点もうれしいです。


ミスターコフィーのライブ、コーヒーを持って行ってみたいですね。皆さんもマグボトルに淹れて、是非外でもネスカフェをお楽しみください!


(にしもとのりあきさんからのコメント)


この度は、コルクBooks×ネスカフェの連動企画で、入選させていただきありがとうございました!


今回の作品は「友情」をテーマに作らせていただきました。長い付き合いになる友達って、「気づいたらこんなに長く友達でいた」ってイメージで、そこまで気負うことも、強く思い合う関係でもないんだろうな、っと思ったりします。


でもそういう友達に、実は助けられてたり、自分の支えになってたりすることがあって。そういう友情が僕はいいなと思いました。


コーヒーをもらったっていう些細なきっかけで、長く付きあうことになる友達。付き合いは長いけど、奥まで入り込みすぎない。そんな空気感を意識して、この作品を作りました。多くの方に読んでもらい大変嬉しいです。ありがとうございます!



\ エピソード5 /

「たっぷりのコーヒーの秘密」(水島みき 著)




(ネスカフェさんからの寸評)


作品を製作いただきありがとうございます。こちらは子どものときに、親が淹れていたコーヒーが幸せな家族の日常の象徴として、ふとコーヒーを淹れる際に思い出す作品となっています。気が付けば自分も親と同じコーヒーの淹れ方をしていて、その理由に想いをはせる描写が見ている人の心をつかむと思いました。


毎日の生活の中で、コーヒーを飲む時間が自分を見つめ直せたり、よし頑張ろうと思えたり、誰かと一緒に過ごす楽しい時間であったり、皆様にとってコーヒーがそんな役割であってほしいと願い、この作品を選ばせていただきました。


(水島みきさんからのコメント)


体験談の原作者の方、投票して下さった方、コルクBooks様、ありがとうございました!エピソード5の暖かいお話がとても心に残って、思わず漫画にさせていただきました。


締切ギリギリいきなりの投稿で迷っていたのですが、コルクBooks様に快く「どうぞ」と言っていただいて頑張れました。ありがとうコルクBooksの中の人!


宇宙兄弟の大ファンということもあり、末席ながらサイトに載せていただけてそれだけで猛烈に光栄です。ありがとうございました。





***


『トキワ荘2.0』を目指すコルクBooks。


ここでは、漫画家同士がオンライン・オフライン問わず切磋琢磨を続けています!


目指すは、読者から共感され、応援され、世の中を熱狂させるSNS時代の新しいスター漫画家。今回の連動企画もその夢に続く一つの階段です。


マンガという表現で世の中にオドロキと感動を与えたい!


そんな熱い想いをお持ちの方。是非、コルクBooksの仲間に加わって見ませんか?


参加、お待ちしてます!


《コルクBooksとは?》

いいね!  3 超いいね!  1
   111      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
水島みき
02月27日

エピソード5です。修正を入れさせていただきました。よろしくお願いいたします。

いいね!  2 超いいね!  2
   101      0
いいね!  2 超いいね!  2
   101      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

コラム
ネスカフェ
02月20日
いいね!  11 超いいね!  2
   577      0

ネスカフェ 3 Coffee a Day連動企画「#忘れられない一杯のコーヒー #3CoffeeaDay」に沢山の作品を投稿いただきありがとうございました。過去最高の投稿数と伺い、非常に嬉しく思います。作品をすべて拝見させていただきましたが、コーヒーが気持ちのスイッチになっていたり、誰かとのつながりになる、そんな人生のふとした瞬間のそばにあることが印象的に描かれており、一作品ずつじっくり拝見させていただきました。

毎日なにげなく飲んでいるコーヒー、その積み重ねがいい人生につながっていく、それが「3 Coffee a Day=1日3杯のコーヒー習慣がいい人生をつくる」にある想いです。

今回のエピソードのように、コーヒーを通して多くの方のいい人生に寄り添っていければと思います。

選出させていただきました5作品は、3月にネスカフェ 3 Coffee a Dayのサイト・SNSでご紹介させていただきます。


そして、ユーザー投票で一番投票の多かった作品を大賞作品とし、

・ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]+ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 65g+バリスタ マグのプレゼント

・ネスカフェ 3 Coffee a Dayキャンペーンサイトに宇宙兄弟と並んで掲載

をさせていただきます!

皆様にとってコーヒーが今日という、かけがえのない1日をそっと支えてくれるものでありますように!



エピソード1:【入賞】「メガネがくもるのはコーヒーのせい」(ワダシノブ 著) 




→作品を製作いただきありがとうございます。お母さんの大変さの表現、普段夫が言えないことをコーヒーが後押してくるからこそ言える、そっとサポートしている世界観がすごく自然に見ている方に入ってくる作品に仕上げていただいていると思います。メガネがくもった場面もホロっときて、ページ数が少ない中でもジーンとくる後味があり素敵です。

ちなみにですが、カフェインを気にされる方は、ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスもあるので、安心しておいしく召し上がっていただけますので、是非!


エピソード2:【入賞】「エピソード2 愛すべきバリスタたち」(二宮ユウキ@にのかん 著) 




→作品を製作いただきありがとうございます。もともとのお題が、エッセーのような情緒的な文章、表現が難しかった中で、まず題名で淹れる方を「愛すべきバリスタ」と例えていらっしゃる部分が素晴らしいと思います。毎日飲むコーヒーの味が変わる人生の瞬間、その一瞬にも関わらず、なんだかホッとするシーンとして描いていただいており、そこも秀逸です!

最後のページでは気が付けば我が子もお兄ちゃんになる自覚が出ているんだと、子どもの成長、また兄弟愛を感じつつ、今後の人生に彩りを加えてくれるものとしてコーヒーが出てくることが3 Coffee a Dayの世界観に通ずるものがあると思い選出させていただきました。


エピソード3:【入賞】「人をつなぐ一杯」(みなもと小定 著)




→作品を製作いただきありがとうございます。20年という長い時間を経て、コーヒーが人と人との思い出をつないでくれるものとして登場する作品です。昔免許取得の際に、奥さんが淹れてくれたコーヒーは今は飲めない、でもその想いをおやっさんが引き継いで、1杯のコーヒーに込めて届ける描写が、泣けてきます。。

普段離れていても、コーヒーがあればなぜか身近に感じられる、そんなチカラがコーヒーにはあるとしみじみ感じました。


エピソード4:【入賞】「僕らのコーヒー」(にしもとのりあき 著)





→作品を製作いただきありがとうございます。こちらもエピソード3と同じく20年という時をコーヒーがつないでくれるものとして登場する作品です。3 Coffee a Dayでもコーヒーが人とのコミュニケーションのきっかけになることをうたってますが、まさにコーヒーでなければ、というエピソードに仕上げていただいていると思います。

20年前の回想と、現在、そしてこれからもというそれぞれの時間軸をそれぞれ丁寧に描いていただき、そのそばでコーヒーがそっと支えてくれている表現にまとめていただいている点もうれしいです。

ミスターコフィーのライブ、コーヒーを持って行ってみたいですね。皆さんもケータイマグボトルに淹れて是非外でもネスカフェをお楽しみください!


エピソード5:【入賞】「たっぷりのコーヒーの秘密」(水島みき 著)



→作品を製作いただきありがとうございます。こちらは子どものときに、親が淹れていたコーヒーが幸せな家族の日常の象徴として、ふとコーヒーを淹れる際に思い出す作品となっています。気が付けば自分も親と同じコーヒーの淹れ方をしていて、その理由に想いをはせる描写が見ている人の心をつかむと思いました。

毎日の生活の中で、コーヒーを飲む時間が自分を見つめ直せたり、よし頑張ろうと思えたり、誰かと一緒に過ごす楽しい時間であったり、皆様にとってコーヒーがそんな役割であってほしいと願い、この作品を選ばせていただきました。


いいね!  11 超いいね!  2
   577      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
kenkoomanga
02月18日

文字を見やすくしましたw

いいね!  2 超いいね!  3 面白い  1
   230      2
いいね!  2 超いいね!  3 面白い  1
   230      2
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

1件の編集コメント
02月20日
見た目でパパが大きい子供って伝わってきました!賑やかだけど大変そうな家族ですね笑。

02月20日

そうなんですよね~w
kenkoomanga 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
増井理佐子
02月16日

かなり、かなり遅ればせながら載っけさせてもらいました。。見てもらえると嬉しいです。

エピソード1になります。

10000円サポート 超いいね!  1 つまらない  1 描き直し  2
   207      0
10000円サポート 超いいね!  1 つまらない  1 描き直し  2
   207      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
椿
02月11日

エピソード5です。


いいね!  6 超いいね!  3
   462      3
いいね!  6 超いいね!  3
   462      3
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

1件の編集コメント
02月13日
キャラをシンプルなシルエットで捉えられてて上手い!と思いました。クマからコーヒーへの流れの見せ方、これ縦スクロールだと色々試せそうですね!

02月14日

ありがとうございます!
椿 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
ruiruidayo25
02月11日

いいね!  7 超いいね!  4
   244      0
いいね!  7 超いいね!  4
   244      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
椿
02月11日

ギリギリで不手際して落ち込んでたのですが、まだ間に合うとのことなので投稿しました。よろしくお願いします!

いいね!  2 超いいね!  3
   286      4
いいね!  2 超いいね!  3
   286      4
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

2件の編集コメント
02月11日
コーヒーだけに挿し色を使う、これはいいアクセントですね!お題にぴったりですし。

02月11日

ありがとうございます!
椿 作者   いいね 0  
02月13日
僕もコーヒーの演出良いなと思いました!

02月13日

ありがとうございます!
椿 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

マンガ
みなもと小定
02月11日

誰かが自分のために入れてくれた一杯はいつも特別


いいね!  17 超いいね!  12
   568      4
いいね!  17 超いいね!  12
   568      4
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

2件の編集コメント
02月11日
店側の方々が息づいてます!絵が綺麗で丁寧で素晴らしいです。

02月11日

ありがとうございます! どうしても描きたくて慌てて線がガサガサになっちゃいました。次の課題です!
みなもと小定 作者   いいね 0  
02月12日
中年に向かってボウズ呼ばわりがいいですね!笑
関係性が好きです!

02月12日

ありがとうございます!呼び名って不思議と出会った時から変わんないものですよね(笑) 修正済
みなもと小定 作者   いいね 0  
ログインすると、公式漫画家/編集者のみ編集可能です→公式漫画家/編集者とは

1 / 11