最新順
コルクBooks公式のお題:ワクワクをカタチに #御幣島芸術祭2018 #漫画家たまご展
お題

#ワクワクをカタチに #御幣島芸術祭2018 #漫画家たまご展

Special
2018年10月02日 コルクBooks公式

御幣島芸術祭2018・漫画家たまご展、応援企画!!御幣島芸術祭は昨年度、来場者3000人規模のアート展です。今年度より、次世代のアーティストの花開く場を作り上げる試みとして、漫画家たまご展が開催されま...

35ラリー

Activity
   2015        315        808
コラム
シャープさん
2018年11月28日
いいね!  83
   11302      3

寒くなってきました。みなさんもうコート着てますか、 @SHARP_JP です。オシャレかダサいかは別にして、私もそれなりに着る服のこだわりや好きな服の感じがあります。オシャレかダサいかは別にして。


オシャレにしろダサいにしろ、ファッションは記号です。色、形、スタイル、描かれた柄、ブランド、無数の選択肢からどれを身に纏うかを選ぶことはすなわち、あなたがどういう価値観や美意識を持ち、なにが好きでどんな人間か、発信する行為。つまり私が好む服やスタイルも、イコール私が他者からどう見られたいか、なのだと思います。極論すれば、ファッションに無頓着というのも「私はそういう方面に構う人間ではない」というサインなのでは。


だから働く場所では特に、服装を自由にした方がいいと思うのです。会議でもプレゼンでも、コミュニケーションを円滑にするには、お互いの「人となり」がわかりあえた方いいですよね。それもなるべく速く。もし服装が自由なら「全身ブランド物だ」「シャツは第3ボタンまで開ける人」「あのバンドTじゃない?」「逆に私服は無頓着なんだ」「噂に反してかわいい系が好きっぽい」などと、相手を理解する記号量がグンと増える。言葉を交わすより前に、服装から「相手がどう思われたいのか」というメタメッセージを受信でき、それにあわせてふるまいや喋り方すら変えることもできる。


みんながスーツや制服を着ることで、匿名性という逆の記号によって組織のパフォーマンスが向上するという考えもわかります。けれどこれだけスピードが求められるご時世、職場のつきあいを通して徐々に「人となり」を理解するより、瞬時に「この人はどういう人か」わかる方が、有益な気がするのです。


あなたが幸せになる方法(池田ルイ 著)



なんだか辛気臭い話をしてしまいました。職場のコミュニケーションに自由な服装がいかに貢献するかはともかく、だれでも「なにを着るか」が最重要なイシューになる時期がありますよね。そう、恋愛です。


恋愛中のファッションは大問題だ。なにしろあなたのファッション、記号を発信する相手は好きなあの人だけ。イチかバチかだよ、恋愛は。この作品で描かれる女子大生のモノローグを読むたび、彼女のファッションの「正解の少なさ」に同情を禁じ得ない。なにしろ片思いだし。


そしてその「正解の少なさ」は、とても疲れる。なぜなら、片思いで選択するファッションには「私はこう思われたい」「私をこう理解してほしい」という要素が含まれないから。記号はすべて「あなたがどう思うか」しか許されない。しかも正解は相手しか知らないし、合否を教えてもらえるとも限らない。


本来、自分を理解してもらうために選び、身に纏ってきたファッションが、片思い中は反転してしまう。選択の主体性は奪われ、正解もわからない。その片思いが成就するならまだしも、うまくいかない場合は、服を選ぶたびに、自分を削り続けてしまうのだ。それはとても危ないことだし、自分が削れてなくなってしまう前に、ファッションを自分の手に取り戻さなければいけないと、私は思います。とても難しいことだろうけど。


そう、本来なら「私はこう思われたい」という記号を発信し、その記号が素直に受信され、もっと理解したいという人が現れた時こそ、ほんとうの恋愛がはじまるのではないでしょうか。じゃないと続かなくない?自身の経験と照らし合わしても、そう思います。少なくとも私は、「私はこれが好き」という記号を堂々とふりまく人が、好きです。そんな人は例外なく、この作品のラストのように「私は私。私は好きなの」という清々しさをいつも纏っていて、私にはそれがとても魅力的に映るのです。


みんな、好きな服を着ればいいと思う。


今回は慣れないことを考えたので疲れました。ファッションも、恋愛も、ほんとうはちょっと苦手だ。私含めて苦手な面々は、恋のマンガを読もうよ。

いいね!  83
   11302      3
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

3件の編集コメント
2018年11月29日
シャープさんの人となりがわかる、最高に面白い寸評でした!
「好き」って気持ち、大事ですね。
2018年11月29日
こないだシャープさんとお会いした時の格好を思い出しました!スーツかなと思ったらスポーツ服?のようなワイルドさでかっこよかったです!
2018年11月29日
お話はファッションのことですが、作品作りにもつながる気がします。相手にウケのいいものばかりを模索して、でもうまくいかなくて自分も疲れてって、しんどいですね。自分の好きを自信を持って発信していけたらな。そして、ウケたい笑。ちなみに私はバンTが増えすぎて昨今夏の半袖はバンT一択です笑。
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
にしもとのりあき
2018年11月10日

芸術祭で展示した作品です(^^)

子供が多くくると聞いたので、

子供も楽しめて

大人もハッとする作品を作ってみました(^^)

いいね!  12
   215      10
いいね!  12
   215      10
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

5件の編集コメント
2018年11月10日
クリエーターの繊細な心を表現していていいですね!

2018年11月10日

ありがとうございます!
アイデアが出にくくなる時と
よく出る時と自分の中で色々考えました(^^)
2018年11月10日
さすがのにしもとくん!
うますぎ!

2018年11月10日

こしの先生!
挑戦の部分もあったので
そう言って頂けると
めちゃくちゃ嬉しすぎます(^^)
2018年11月10日
アイデアくんめっちゃ可愛いです!渋い顔で見てくるの、分かる…!!
ごちゃごちゃ考えてる時だったのでこの漫画を読んでスッと楽になりました。部屋に貼っておきたくなります…!!

2018年11月10日

いいアイデアくんを探そうとすればするほど、
頭の中ぐるぐるしちゃいますもんね!

そう言って下さると幸せになります(≧▽≦)
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
池田ルイ
2018年11月09日

いいね!  17
   981      4
いいね!  17
   981      4
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

4件の編集コメント
2018年11月09日
サイコーにカッコいいーー!
2018年11月09日
おーこんな女性ステキ!
2018年11月09日
女性を羨ましいと思えるところです!
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
池田ルイ
2018年11月09日

いいね!  33
   2755      3
いいね!  33
   2755      3
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

3件の編集コメント
2018年11月09日
カッコいい!!
2018年11月09日
自分の最大の味方は自分!惚れる!
2018年11月10日
めっちゃ応援したくなります!
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

コラム
シャープさん
2018年11月01日
いいね!  71
   9874      7

こんにちは、前向きとは無縁な @SHARP_JP です。時々思うのです。自分は、過去の自分に「こんなことが起こるんだぞ」と語りかけるために、ひいこら生きるのではないかと。過去の自分に「いまもしんどいだろうし、これからもしんどいけど、お前が思いもしないことはいくつか起こるし、その時に私はお前に自慢したい。だから生きろ」と約束させ続けるために、人生は続くように思う時があります。そしてそんな時は、現在の自分が過去の自分をようやく祝福できたようで、悪くない瞬間でもある。


自分で自分を肯定するのは生きる上で必須なことだけど、なかなか難しいことでもあって、私たちはいつも事後的に過去の自分を肯定することでしか、自分で自分を褒めてあげられないのかもしれない。辛いな。


(今回の寸評)猫と私の漫遊記(まきはるか著)



読んでいて胸が苦しくなりました。「もう頭の中はからっぽだよ」「描いても描いても私の漫画は誰にも届かない」そう絞り出す作者は、うまくいかない現在の自分を持て余し、必死に努力している事実しか、創作を継続させる根拠が見つからない。そこへ過去の作者自身=猫のトトが現れる。猫はどんどん時間を遡るように、現在の作者を導いていく。浅い過去には、殺風景な自世界が広がっているのがリアルだ。深い過去、幼い頃まで遡った時にようやく、楽しそうな場所と楽しそうな自分が現れる。幼いころの自分を自分が見上げる、ここのコマは圧巻だ。


たぶん表現(もしくは芸術と言っていいかも)は、自分を覗き込むことからしかはじまらない。自分を覗き込むことなく表現を試みると、「自分が好きなものがわからなく」なるまで、からっぽを進行させる。だれかの心を動かすには、まず自分の心を差し出さなければいけない。人の感情は、感情にしか反応しないから。だからこそ表現は、自分を覗き込むという、とてもめんどくさい行為を丁寧に続けなければいけないのだ、とあらためて考えさせられました。


もちろん自分を覗き込んだからといって、すぐに他者からの評価を獲得できるわけではない。そこへいたるには膨大な訓練や試行錯誤が必要とされるのも、また表現の過酷さなのでしょう。表現する人の進む道は茨の道だけど、過去の自分から掬い出された物語は、少なくとも現在の自分を肯定するはずです。がんばってください。


とここまで書いて、いったい私は何様だという思いに捕らわれたので、静かに自分を覗き込もうと思います。真っ暗闇が広がってそうでこわい。それはそれで人間として問題な気がする。


追伸ですけど、作者のまきはるかさんが、自分と自分の世界を描けばいいことに気づき、もう一度がんばってみようと思ったきっかけは、まさにここ、コルクBooksだったそうです。もし行き詰まりを感じるマンガ家さんがいらっしゃるなら、マンガ家さんが切磋琢磨しあうコミュニティ、ちょっと覗いてみてもいいかもしれません。

いいね!  71
   9874      7
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

7件の編集コメント
2018年11月08日
勇気をもらえる文章で涙が出ました。
2018年11月08日
『人の感情は、感情にしか反応しない。だからこそ表現は、自分を覗き込むというめんどくさい行為を丁寧にしなければいけない。』
すごく素敵な表現ですね。
コルクBooksももっと頑張ります!
2018年11月08日
毎回楽しく、タメになるなぁと読んでます。自分は評価してもらう側なので、これを糧に頑張らないといけないのですが、わかる〜!と共感して、一読者になってしまっている自分がいます。これではいけない。自分を見つめます…。
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

コラム
シャープさん
2018年10月25日
いいね!  12
   1251      0

こんにちは、@SHARP_JP です。 あまり人に言わないようにしているのですが、大人になった今でもぬいぐるみが好きです。 先日、映画「プーと大人になった僕」を観ました。「ピ、ピグレット、かわいすぎか」と悶絶しつつも、大人なのでいろいろと思うところはあったのですが、 とりわけクマのプーさんとクリストファー・ロビンが汽車に乗るシーンで、車窓を眺めるプーが「木…羊…池…あ、犬を連れたおばあさん…家…また家…猫…」と目にした対象を声に出し続ける 「目に見えるものを言うゲーム」が印象に残っています。


「目に見えるものを言うゲーム」は、大人になったクリストファー・ロビンにとって、行きの列車では自分の時間を邪魔する「うるさいもの」だったけど、 帰りの列車ではプーに代わり、窓の外に映るものを思わず口にしてしまいます。 それはまるでクリストファー・ロビンが、過去の自分を取り戻したようで、とてもホッとするシーンでした。 言われてみれば私も、自分が目にしたものを声に出すだけで、豊かな遊びになった時代があった。見えることが新鮮で、見えるものが世界の豊かさを示す時期があった。 そして今回、どこか似たようなことが描かれた作品を選んでしまったのは、プーの影響です。 あと会社はやっぱりしんどい世界だという思いが強化されたのも、プーのせい。あれ、社畜という風潮には重い映画だぞ。


(今回の寸評)「夜の飛行機。」(やじま 著)



当たり前ですけど、子どもは背が低い。だから視線も低い。 視線が低いということは見渡せる範囲も限られるから、子どもの世界はとてもせまいはずだ。 だけど自分の記憶を振り返ってみても、ふしぎと「世界はせまい」と感じた覚えはない。


たぶん幼い頃はみんな、もうひとつ身体を持つのだと思う。 この作品の少年のように、子どもはドローンみたく視線の高度を自在に操ることができる。 それを妄想と呼ぶのは大人の勝手だけど、幼い頃は目に見えるものをきっかけに、さらに見ることができたし、だからこそ世界は広く豊かで、絶望しないでいられたのかもしれない。


少年は夜空に飛行機を見つける。とたんに自身は高度を上げ、雲を見下ろす。 雲から頭を出すのは、自分がふだん「敵わない」と思うモノや人たちだ。 やがて少年は「嫌いなものと好きなもの」に遭遇する。苦手なギンナンを、雲の上からぽいぽい放り投げるのはさぞかし気持ちのいいことだろう。 そして大好きな揚げパンを3つも食べる(給食に揚げパンとか、作者のやじまさんの年代がわかりそう)。なんて豪華で自由な夜のフライト。


私がこの作品に妙なリアリティを感じるのは、少年がフライトを「お母さんがお風呂に入っているうちに」済まそうと自覚している点だ。 空想している子どもは、無時間の中を生きることができる。 みなさんだって幼い頃の空想に、おどろくほど時間が経っている経験も、おどろくほど時間が経っていない経験も、両方あるでしょう? 空想する子どもが無時間で生きられるのは、無我夢中だからではなく、たぶんほんとうに時間を伸び縮みさせる能力があるからじゃないか、と私は思っています。 だからこそ、少年はお母さんのお風呂の間だけ、とフライト時間を自分で区切っても平気だし、じゅうぶん自由なのだ。


それにしてもマンガ家さんは、幼い頃の記憶や感覚をどこまで覚えているか、というのも必要な資質なのかもしれませんね。私はダメだ。 ほとんど忘れちゃってる。ところでこの作品は御幣島芸術祭という、大阪で開催される芸術祭をテーマに描かれたそうです。 だからかもしれませんが、少年のフライト中、雲の上からあべのハルカスがにょっきり顔を出す。大阪に暮らす私にはとても親密なシーンでした。 おなじく #ワクワクをカタチに #みてアート2018 #漫画家たまご展 で コルクBooksに投稿されたマンガは会場で展示されるそうなので、興味のある方はどうぞ。

いいね!  12
   1251      0
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

0件の編集コメント
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
あさころ(Asako Kudou)
2018年11月03日

前にコルクbooks講座で見ていただいた『不意打ち』の完成版です!

御幣島芸術祭で原稿展示してます、よかったら来てください(*^^*)

いいね!  8
   143      4
いいね!  8
   143      4
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

2件の編集コメント
2018年11月04日
めっちゃ上手いですね!
良い作品!

2018年11月05日

ありがとうございます!!おかげさまでちゃんと完成しました!笑
2018年11月07日
綺麗ーー!
感じるね!^_^

2018年11月08日

やった!!笑
ありがとうございます!
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
ユキ
2018年10月19日

いいね!  3
   57      3
いいね!  3
   57      3
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

3件の編集コメント
2018年10月19日
いい子ですね(^^)
2018年10月20日
素敵ですね
2018年10月20日
女の子偉すぎーー!^_^
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
上原トム
2018年10月19日

10月のコルクブックス講座で佐渡島さんにアドバイスをもらった部分を直しました。

直した部分は

・1P目の男が旅行に行きたいというセリフの言動

・4Pの最後のセリフの位置、言う順番が違うということで

 変えてみました。

 

いいね!  2
   103      2
いいね!  2
   103      2
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

1件の編集コメント
2018年10月19日
オー・ヘンリーの賢者の贈り物みたいな素敵なお話ですね!
修正済
chiku   いいね 1  

2018年11月05日

お褒めいただきありがとうございます!もっと優しい系の作品、極めていきたいです**
上原トム 作者   いいね 0  
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

マンガ
うえはらけいた
2018年10月09日

すいません、まーったく間に合いませんでした…!!ので、審査からは除外して頂いて結構です!


何度かネーム修正しているモノを「何をメッセージするか?」という視点に立って仕上げました。アドバイス下さったこしの先生、ウエサトさん、かおりんさんなどなど皆さん本当にありがとうございました!

いいね!  11
   132      10
いいね!  11
   132      10
この作品の感想は?
いいね!以外を送るにはログインが必要です。

3件の編集コメント
2018年10月09日
面白いです〜!
がりがりライオンで表現するの、上手いなあって思いました…!

2018年10月09日

"猫ちゃんが、死神だった"ってのが、
少し分かりづらかったです…汗

死神を想起させるような
動物の方が、良かったかも…?(ヘビとか馬とか)

2018年10月11日

たしかに、ネコだと納得感が薄いかもしれないですね。あんまりわかりやすいと先読みされてしまうし…考えてみます!ご意見ありがとうございます!
2018年10月09日
なるほどですね〜
作品のテイストはすごく良いと思います!
問題はリズムというかページ配分というか、今は短編16ページのリズムで起を1〜6ページまで使っていて、7ページで急に結がきている印象なんです(説明と結末だけで、承転のストーリー部分が抜けている)。
せっかくなので一度ストーリー全体の構造を意識してみてください! 修正済

2018年10月11日

ありがとうございます!そうなんですよね、無理に完成させようとしてオチにジャンプしてしまいました…題材的にもわりと長めのストーリー向きかもな、と思ってきたので、もう少し長めに(もしくは色んな神が出てくる下りを縮めてスマートに)構成する方法考えます!
2018年10月10日
なるなど。

個人的には「夢の神」または「うえはらさん」の「夢」とは何か?をちゃんと言っておいた方がいいかなーと。深掘りしてみた方がいいというか。
「夢」が歴史を作ってきた、とか。
ここはフィクションなので奇抜でも良いかもしれません。

そうすると「夢を書かなくなった理由」も変わってくような気がしています。
自分の夢より
人のいいなりになってしまうほうか流行りだ、とか。

さらに
再び「夢」を書き始める理由も何か「夢の神」自身が書かざるを得ない理由ができるとよいかも。
夢の神の子供が「夢」のない子に育ってしまったとか。
ちゃんと夢を見ないと世界が滅亡してしまう。とか。

うえはらさんが込めようとした面白さをキャラをたてることで、もっと面白くなると思います。

2018年10月11日

こしの先生ありがとうございます!!
コメント頂いてはっとしました…メッセージ性を込めることに意識が行ってしまったばかりに、題材への深掘りがお留守になっていました!
これ、もう少し時間をかけてしっかり考えたいと思います。ストーリー考えるのめちゃ難しいですが、めちゃ楽しいです。
真摯なアドバイスありがとうございます!!

2018年10月14日

題材は、面白いし、テーマもあるので、もっともっと面白くなると思います!
描きたかったものには必ずに「何か」あるはずですから!
応援してます!

2018年10月15日

ありがとうございます(T . T)
こしの先生の言葉を信じて描き続けます…!!
公式認定ユーザーのみ編集可能です(ログイン

1 / 4